[戻る]
新着表示

xc8でコンパイル時buildエラー 投稿者:negishi 投稿日:2017/01/03(Tue) 14:22:58 No.785

mplab x 3.5でxc8コンパイラーでビルドすると
nbproject/Makefile-default.mk:144: recipe for target '.pre' failed

nbproject/Makefile-impl.mk:39: recipe for target '.build-impl' failedの2つのエラーが出てコンパイル出来ませんソースファイルのエラーならまだわかるのですが、XC8 コンパイラーの設定が上手くできてないことによるエラーのようなのでどうしていいのかよくわかりません。
XC8のビルドがうまくいった方でわかる方がいたらどうすればビルドがうまくいくか教えていただきたいです

Re^2: GPS 投稿者:梅村和弘 投稿日:2016/11/24(Thu) 20:11:22 No.755

ありがとうございます。挑戦してみます。

> 電源まわり、5Vが必要、電池は内蔵 などなどが異なるので
> そのままという訳にはいきませんね。
> でもシリアルインターフェースは同じなのでプログラムは
> そのままでも動くかもしれません。ただし、実際に送られてくる
> データ形式が異なるかもしれませんから、一部表示が異なる
> ようになるかもしれません。
>
>
> > PIC24F制作例にあります携帯型GPSロガーを製作してみようと思います。日本の人工衛星「みちびき」の電波も拾うため、秋月電子のGPSモジュール「GYSFDMAXB」を使ったGPS受信キット(C-MOSロジックレベル、非同期シリアル信号)を使いたいのですが、GPS-52Dをそのまま入れ替えるだけで利用することはできるのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。

Re: GPS 投稿者:Gokan 投稿日:2016/11/23(Wed) 21:20:02 No.754

電源まわり、5Vが必要、電池は内蔵 などなどが異なるので
そのままという訳にはいきませんね。
でもシリアルインターフェースは同じなのでプログラムは
そのままでも動くかもしれません。ただし、実際に送られてくる
データ形式が異なるかもしれませんから、一部表示が異なる
ようになるかもしれません。


> PIC24F制作例にあります携帯型GPSロガーを製作してみようと思います。日本の人工衛星「みちびき」の電波も拾うため、秋月電子のGPSモジュール「GYSFDMAXB」を使ったGPS受信キット(C-MOSロジックレベル、非同期シリアル信号)を使いたいのですが、GPS-52Dをそのまま入れ替えるだけで利用することはできるのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。

GPS 投稿者:梅村和弘 投稿日:2016/11/23(Wed) 18:19:34 No.753

PIC24F制作例にあります携帯型GPSロガーを製作してみようと思います。日本の人工衛星「みちびき」の電波も拾うため、秋月電子のGPSモジュール「GYSFDMAXB」を使ったGPS受信キット(C-MOSロジックレベル、非同期シリアル信号)を使いたいのですが、GPS-52Dをそのまま入れ替えるだけで利用することはできるのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。

PIC32MZ LogScop 投稿者:五十嵐隆規 投稿日:2016/10/09(Sun) 21:23:03 No.714

PIC32MZ2048ECG064の使い方を教えてください。
PICでロジックスコープ実験を行っています。
PIC32MX250F128B、PIC32MX695F512Lはプログラムを
RAMに転送し実行するとno-waitで実行しているようです。
同様のことをPIC32MZ2048ECG064でおこなっても動作しません。
仕様書にはSYNCI命令を使うと記載されていますが
命令の使い方を理解できていません。
動作成功されている方、方法を教えていただきたいです。
最高速データ取込したいのでアセンブラですが
C言語でもOKです。

ロジックスコープのデータ取込プログラムは下記です
レジスターのデータ
LI t0,0x80000000 // t0=0x8000000(RAM先頭アドレス)
LI s8,0xBF880000 // PORTBの上位アドレス
データ取込プログラム
LBU t1,0x6120(s8) // PORTBからt1に8bit取込
SB t1,0x0000(t0) // t1を0x80000000番地に保存
LBU t1,0x6120(s8) // PORTBからt1に8bit取込
SB t1,0x0001(t0) // t1を0x80000001番地に保存
以下同様
→1データを処理するのに2命令です。
クロックを96MHzにすれば48MHzの周期で取込します(48MSa/s)

PIC32MZ2048ECG064の使い方が解らないのでまず下記プログラムで
実験中です。クロックは8MHzです。
LI t0,0x0000000F
TES0:
SW t0,PORTB // 2命令に変換されます
B TES1 // 1命令
NOP // 1命令 遅延スロット
TES1:
SW $0,PORTB // 2命令に変換されます
B TES0 // 1命令
NOP // 1命令 遅延スロット

1サイクル、8命令なので1MHz(Duty=50%)の波形を出力するプログラムです。
しかしPIC32MZ2048ECG064で成功していません。

状況
PIC32MX250F128B(FLASH ROMで実行) 1MHz
PIC32MX250F128B(RAMに転送して実行) 1MHz
PIC32MX695F512L(キャッシュOFF/FLASH ROMで実行) 1MHz
PIC32MX695F512L(RAMに転送して実行) 1MHz
PIC32MZ2048ECG064(全キャッシュOFF/FLASH ROMで実行) 80kHz(Duty50%)
PIC32MZ2048ECG064(全キャッシュON/FLASH ROMで実行) 800kHz(Duty50%でない)
PIC32MZ2048ECG064(RAMに転送して実行) 動作しない

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |

- WebForum -