[戻る]
新着表示

PIC32MZ LogScop 投稿者:五十嵐隆規 投稿日:2016/10/09(Sun) 21:23:03 No.714

PIC32MZ2048ECG064の使い方を教えてください。
PICでロジックスコープ実験を行っています。
PIC32MX250F128B、PIC32MX695F512Lはプログラムを
RAMに転送し実行するとno-waitで実行しているようです。
同様のことをPIC32MZ2048ECG064でおこなっても動作しません。
仕様書にはSYNCI命令を使うと記載されていますが
命令の使い方を理解できていません。
動作成功されている方、方法を教えていただきたいです。
最高速データ取込したいのでアセンブラですが
C言語でもOKです。

ロジックスコープのデータ取込プログラムは下記です
レジスターのデータ
LI t0,0x80000000 // t0=0x8000000(RAM先頭アドレス)
LI s8,0xBF880000 // PORTBの上位アドレス
データ取込プログラム
LBU t1,0x6120(s8) // PORTBからt1に8bit取込
SB t1,0x0000(t0) // t1を0x80000000番地に保存
LBU t1,0x6120(s8) // PORTBからt1に8bit取込
SB t1,0x0001(t0) // t1を0x80000001番地に保存
以下同様
→1データを処理するのに2命令です。
クロックを96MHzにすれば48MHzの周期で取込します(48MSa/s)

PIC32MZ2048ECG064の使い方が解らないのでまず下記プログラムで
実験中です。クロックは8MHzです。
LI t0,0x0000000F
TES0:
SW t0,PORTB // 2命令に変換されます
B TES1 // 1命令
NOP // 1命令 遅延スロット
TES1:
SW $0,PORTB // 2命令に変換されます
B TES0 // 1命令
NOP // 1命令 遅延スロット

1サイクル、8命令なので1MHz(Duty=50%)の波形を出力するプログラムです。
しかしPIC32MZ2048ECG064で成功していません。

状況
PIC32MX250F128B(FLASH ROMで実行) 1MHz
PIC32MX250F128B(RAMに転送して実行) 1MHz
PIC32MX695F512L(キャッシュOFF/FLASH ROMで実行) 1MHz
PIC32MX695F512L(RAMに転送して実行) 1MHz
PIC32MZ2048ECG064(全キャッシュOFF/FLASH ROMで実行) 80kHz(Duty50%)
PIC32MZ2048ECG064(全キャッシュON/FLASH ROMで実行) 800kHz(Duty50%でない)
PIC32MZ2048ECG064(RAMに転送して実行) 動作しない

Re^4: CLC設定ツール 投稿者:Gokan 投稿日:2016/09/22(Thu) 08:49:51 No.690

MCCで他の周辺も含めて左上にある「Generate」のボタンをクリック
すれば生成されます。
詳しくは、次号のトランジスタ技術誌を参照ください。


> すみません、先ほどの書き込みでキャプチャ画面は載せたんですけど
> 文章を書き損ねてしまい申し訳ありません
>
> CLC Configuration Toolまでは呼び出せたのですが
> Fileメニューを出してもSave C Codeというのが出てきません
> コピーペーストをするためのC言語ソースはどうやって出力するのでしょうか

Re^3: CLC設定ツール 投稿者:twaga 投稿日:2016/09/22(Thu) 00:02:14 No.689

すみません、先ほどの書き込みでキャプチャ画面は載せたんですけど
文章を書き損ねてしまい申し訳ありません

CLC Configuration Toolまでは呼び出せたのですが
Fileメニューを出してもSave C Codeというのが出てきません
コピーペーストをするためのC言語ソースはどうやって出力するのでしょうか

Re^2: CLC設定ツール 投稿者:twaga 投稿日:2016/09/21(Wed) 16:32:27 No.688

> MPLAB X IDEからPlug-inでMCCをインストールした方が簡単です。
> MPLAB X IDEのメインメニューから
> [Tools]→[Plugins] これで開くダイアログで[Available Plugins]タグ選択
> →[MPLAB Code Configurator」にチェック→[Install]ボタン
> これでMCCがインストールされメインメニューにアイコンが追加されます。
> 先に該当PICの空のプロジェクトを作ってからMCCアイコンをクリックすると
> IDE画面全体がMCCの画面になります。
> この画面の左下にある[Device Resources]にCLCがあるのでダブルクリックすれば
> CLCのGUI画面が開きますので、ここでCLCの設定をします。
>
>
> > 電子工作のためのPIC16F1ファミリ活用ガイドブックの214ページに
> > CLC Configuration Toolのことがのっているのですが、
> > 現在はMCCというプラグインに含まれているようで、MCCをダウンロードしてインストールしたものの
> > CLC Configuration Toolの呼び出し方がわかりません。
> > どうやったら呼び出せるのでしょうか。。

Re: CLC設定ツール 投稿者:Gokan 投稿日:2016/09/21(Wed) 14:13:39 No.687

MPLAB X IDEからPlug-inでMCCをインストールした方が簡単です。
MPLAB X IDEのメインメニューから
[Tools]→[Plugins] これで開くダイアログで[Available Plugins]タグ選択
→[MPLAB Code Configurator」にチェック→[Install]ボタン
これでMCCがインストールされメインメニューにアイコンが追加されます。
先に該当PICの空のプロジェクトを作ってからMCCアイコンをクリックすると
IDE画面全体がMCCの画面になります。
この画面の左下にある[Device Resources]にCLCがあるのでダブルクリックすれば
CLCのGUI画面が開きますので、ここでCLCの設定をします。


> 電子工作のためのPIC16F1ファミリ活用ガイドブックの214ページに
> CLC Configuration Toolのことがのっているのですが、
> 現在はMCCというプラグインに含まれているようで、MCCをダウンロードしてインストールしたものの
> CLC Configuration Toolの呼び出し方がわかりません。
> どうやったら呼び出せるのでしょうか。。

CLC設定ツール 投稿者:twaga 投稿日:2016/09/21(Wed) 01:05:05 No.686

電子工作のためのPIC16F1ファミリ活用ガイドブックの214ページに
CLC Configuration Toolのことがのっているのですが、
現在はMCCというプラグインに含まれているようで、MCCをダウンロードしてインストールしたものの
CLC Configuration Toolの呼び出し方がわかりません。
どうやったら呼び出せるのでしょうか。。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |

- WebForum -