[戻る]
新着表示

Re: 本のソースデータファイル 投稿者:Gokan 投稿日:2016/10/22(Sat) 23:10:04 No.721

技術評論社のサポートページかrダウンロードできます。

http://gihyo.jp/book/2013/978-4-7741-5646-0/support

> 「電子工作のためのPIC16F1ファミリ活用ガイドブック」の本の製作例のプログラムのソースデータファイルは、入手できるでしょうか?

本のソースデータファイル 投稿者:ゆっくん 投稿日:2016/10/22(Sat) 22:38:43 No.720

「電子工作のためのPIC16F1ファミリ活用ガイドブック」の本の製作例のプログラムのソースデータファイルは、入手できるでしょうか?

Re^4: PWM制御について 投稿者:まるも 投稿日:2016/10/19(Wed) 23:17:39 No.719

Gokan様
お礼が遅くなり申し訳ありません。
Gokan様のお陰で目的のプログラムと基盤が出来ました。
この度は有難うございました。
またよろしくお願いいたします。

Re: SPIクロックのずれ 投稿者:Gokan 投稿日:2016/10/17(Mon) 15:27:45 No.718

これで通信エラーになるのでしょうか?
SPIは同期式ですからクロックの幅が変わっても問題なく動作
します。
幅が変わるのはACKを受信しているときとかではないでしょうか?


> PIC24FJ1024GB606で1MHzのSPI通信を行っています。
>
> このとき、10bit間隔くらいでクロックが40kHz程度早くなる現象が発生しており、原因がわからないのです(1byteごとに送信バッファエンプティ割り込みでSPIBUFにDMA転送を行っています)。
>
> モジュールの誤差としては大きすぎる気がするので他の要因があると思うのですが皆目見当が付きません。どなたかご教授ください。

Re^6: CLC設定ツール 投稿者:Gokan 投稿日:2016/10/17(Mon) 15:24:35 No.717

たしかCLCの順番を変えたように思います。

> トランジスタ11月号の案内ありがとうございます。早速その雑誌の102ページから108ページをみさせていただき再挑戦しました。
> そこでMCC Generated Filesのclc2.cとかをみますと、
> 例えばそこでは
> CLC2CON = 0x80;
> となっており、
> CLCTest.cでは
> CLC2CON = 0xC2;
> となっておりまして一致していません。
>
> MCCで自動生成されたものをコピペしているわけではないのでしょうか?

SPIクロックのずれ 投稿者:orz 投稿日:2016/10/14(Fri) 14:33:32 No.716

PIC24FJ1024GB606で1MHzのSPI通信を行っています。

このとき、10bit間隔くらいでクロックが40kHz程度早くなる現象が発生しており、原因がわからないのです(1byteごとに送信バッファエンプティ割り込みでSPIBUFにDMA転送を行っています)。

モジュールの誤差としては大きすぎる気がするので他の要因があると思うのですが皆目見当が付きません。どなたかご教授ください。

Re^5: CLC設定ツール 投稿者:twaga 投稿日:2016/10/11(Tue) 18:07:56 No.715

トランジスタ11月号の案内ありがとうございます。早速その雑誌の102ページから108ページをみさせていただき再挑戦しました。
そこでMCC Generated Filesのclc2.cとかをみますと、
例えばそこでは
CLC2CON = 0x80;
となっており、
CLCTest.cでは
CLC2CON = 0xC2;
となっておりまして一致していません。

MCCで自動生成されたものをコピペしているわけではないのでしょうか?

PIC32MZ LogScop 投稿者:五十嵐隆規 投稿日:2016/10/09(Sun) 21:23:03 No.714

PIC32MZ2048ECG064の使い方を教えてください。
PICでロジックスコープ実験を行っています。
PIC32MX250F128B、PIC32MX695F512Lはプログラムを
RAMに転送し実行するとno-waitで実行しているようです。
同様のことをPIC32MZ2048ECG064でおこなっても動作しません。
仕様書にはSYNCI命令を使うと記載されていますが
命令の使い方を理解できていません。
動作成功されている方、方法を教えていただきたいです。
最高速データ取込したいのでアセンブラですが
C言語でもOKです。

ロジックスコープのデータ取込プログラムは下記です
レジスターのデータ
LI t0,0x80000000 // t0=0x8000000(RAM先頭アドレス)
LI s8,0xBF880000 // PORTBの上位アドレス
データ取込プログラム
LBU t1,0x6120(s8) // PORTBからt1に8bit取込
SB t1,0x0000(t0) // t1を0x80000000番地に保存
LBU t1,0x6120(s8) // PORTBからt1に8bit取込
SB t1,0x0001(t0) // t1を0x80000001番地に保存
以下同様
→1データを処理するのに2命令です。
クロックを96MHzにすれば48MHzの周期で取込します(48MSa/s)

PIC32MZ2048ECG064の使い方が解らないのでまず下記プログラムで
実験中です。クロックは8MHzです。
LI t0,0x0000000F
TES0:
SW t0,PORTB // 2命令に変換されます
B TES1 // 1命令
NOP // 1命令 遅延スロット
TES1:
SW $0,PORTB // 2命令に変換されます
B TES0 // 1命令
NOP // 1命令 遅延スロット

1サイクル、8命令なので1MHz(Duty=50%)の波形を出力するプログラムです。
しかしPIC32MZ2048ECG064で成功していません。

状況
PIC32MX250F128B(FLASH ROMで実行) 1MHz
PIC32MX250F128B(RAMに転送して実行) 1MHz
PIC32MX695F512L(キャッシュOFF/FLASH ROMで実行) 1MHz
PIC32MX695F512L(RAMに転送して実行) 1MHz
PIC32MZ2048ECG064(全キャッシュOFF/FLASH ROMで実行) 80kHz(Duty50%)
PIC32MZ2048ECG064(全キャッシュON/FLASH ROMで実行) 800kHz(Duty50%でない)
PIC32MZ2048ECG064(RAMに転送して実行) 動作しない

Re: コンパイルエラー(追加) 投稿者:Sakamoto 投稿日:2016/10/08(Sat) 21:11:45 No.713

先ほどの質問でPICの型番を記載し忘れました
使用PICはPIC16F876Aです
宜しくお願いいたします。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |

- WebForum -