掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 799
タイトル Re^2: lcdのビジーチェック
投稿日 : 2017/01/19(Thu) 19:08:15
投稿者 negishi   <nekinorijp@yahoo.co.jp>
参照先
やはりbit_testが無いとうまく動かないのでしょうか。
bit_testをつけるとビルドで失敗します
複数個所あるwhile((lcd_ready(),7));をコメントアウトして下さい。で
コメントアウトして無視するとlcd_initが実行されません。
シミュレーションでも動いてないし、実際にPICに書いてもLCDが何も反応が無くLCDの初期化がされてないみたいです。
どっかからbit_test関数を持ってこれないでしょうかね。ccs-cのコンパイラーではbit_testが動いていたので探せばどっかに関数がありますかね。
なんでxc8のコンパイラでわざわざプログラムを作ったのかはitoa関数が使えるからなんですがxc8ではbit_test関数はないのですかね。困りました。




> mplabxでデバッグしましたか?
> 関数がないと言われているのではないですか?
> while(bit_test(lcd_ready(),7))が正しそうですが、
> bit_test()関数がどこにあるかは知りません。
> 関数の場所が分からなければ、複数個所あるwhile((lcd_ready(),7));をコメントアウトして下さい。
> コピペするならば、きちんとコピペしましょう。
>
> > lcdのビジーチェックでデータビット7が0になってもビジーチェックを抜けられません。どうすれば抜けられるか教えていただけますか?ソースコードは以下のようになっています。開発環境はmplabx idev3.5 xc8v1.4です 
> >
> > #define _XTAL_FREQ 20000000 // クロック周波数設定
> > /**** 液晶表示用設定 *****/
> > #define DB7 RB7 //DB7 pin
> > #define DB6 RB6 //DB6 pin
> > #define DB5 RB5 //DB5 pin
> > #define DB4 RB4 //DB4 pin
> > //#define DB3 pin_b3 //DB3 pin
> > //#define DB2 pin_c6 //DB2 pin
> > //#define DB1 pin_c5 //DB1 pin
> > //#define DB0 pin_c4 //DB0 pin
> > #define RS LATD7 //RS pin
> > #define RW LATD6 //RW pin
> > #define STB LATD5 //E pin (STB pin)
> > #define bmode 0x0f
> > ///////////////////////////////////////////////
> > // LCD control Library
> > // lcd_init()-------- initialize
> > // lcd_ready()------- busy check
> > // lcd_cmd(cmd)------ send command
> > // lcd_data(string)-- display string
> > // lcd_clear() ------ clear display
> > ///////////////////////////////////
> >
> > /// lcd ready check function
> > int lcd_ready(){
> > int high,low;
> > TRISB=(0x0f | 0xF0); //upper is input
> > LATDbits.RS=0;//_low(rs)
> > LATDbits.RW=1;//high(rw); //read mode
> > LATDbits.STB=1;//high(stb);
> > high=PORTB &0xF0; //input upper
> > LATDbits.STB=0;//low(stb);
> >
> > LATDbits.STB=1;//_high(stb);
> > low=PORTB & 0xF0; //input lower
> > LATDbits.STB=0;//low(stb);
> > TRISB=(0x0f);
> > return(high | (low>>4)); //end check
> > }
> >
> > ////////// lcd display data function
> > void lcd_data(int asci){
> > //db = asci; //set upper data
> > LATB=(asci);
> > LATDbits.RW=0;//_low(rw); //set write
> > LATDbits.RS=1; //set rs high
> > LATDbits.STB=1; //strobe
> > LATDbits.STB=0; //low(stb);
> >
> > asci=asci<<4;
> > LATB=(asci); //set lower data
> > LATDbits.STB=1; //strobe
> > LATDbits.STB=0; //low(stb);
> > while((lcd_ready(),7));
> >
> >
> > }
> > ////////// lcd command out function
> > int cmd;
> > void cmdout(int cmd){
> > LATB=(cmd);
> > LATDbits.RW=0; //set write
> > LATDbits.RS=0; //set rs low
> > LATDbits.STB=1; //strobe
> > LATDbits.STB=0;
> > cmd=cmd<<4;
> > PORTB=(cmd);
> > LATDbits.STB=1; //strobe
> > LATDbits.STB=0;
> > }
> >
> > void lcd_cmd(int cmd){
> > cmdout(cmd);
> > while(( lcd_ready(),7)); //end check
> > }
> >
> > ///// lcd display clear function
> > //MCHP void lcd_clear();{
> > void lcd_clear(){
> > lcd_cmd(1); //initialize command
> > __delay_ms(100);
> > }
> >
> > ///////// lcd initialize function
> > //MCHPvoid lcd_incmd(int cmd);{
> > void lcd_incmd(int cmd){
> > //db = cmd; //mode command
> > LATB=(cmd);
> > LATDbits.RW=0; //set write
> > LATDbits.RS=0; //set rs low
> > LATDbits.STB=1; //strobe
> > LATDbits.STB=0; //low(stb);
> > __delay_ms(10);
> > }
> >
> > //MCHP void lcd_init();{
> > void lcd_init(){
> > __delay_ms(15);
> > lcd_incmd(0x30); //8bit mode set
> > __delay_ms(5);
> > lcd_incmd(0x30); //8bit mode set
> > __delay_ms(5);
> > lcd_incmd(0x30); //8bit mode set
> > __delay_ms(5);
> > lcd_incmd(0x20); //4bit mode set
> > __delay_ms(5);
> >
> > lcd_cmd(0x2C); //DL=0 4bit mode
> > lcd_cmd(0x08); //disolay off C=D=B=0
> > lcd_cmd(0x0e); //display on C=D=1 B=0
> > lcd_cmd(0x06); //entry I/D=1 S=0
> > }

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -