[戻る]
過去ログ [ 0001 ]
過去ログ:     ワード検索: 条件: 表示:

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
目標値の収束プログラムについて
342
: 15/09/27-00:11
sharp

PICマイコンだけに限らない内容になりますが、ご教示頂ければと思ってます。ある装置の出力電圧をPICで読み取りレジスタ値を可変させて目標の電圧値に調整するのですが、それなりプログラムを組んで動作させると収束時間が一定しない。収束範囲もたまにずれることもあり、それを解消したいと思っており、何かアドバイスなどありましたらお願い致します。
目標値にむけての収束プログラムについて参考サイトなどありましたら、教えてください。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
目標値の収束プログラムについて
343
: 15/09/27-07:27
sanyo

収束って何を収束させるのですか?
失礼な言い方ですが、質問の内容が意味不明です。
ご自分がやりたいことを相手に分かりやすく伝える努力は必要だと思います。
想像するにPID制御したいのかとも思いました。

> PICマイコンだけに限らない内容になりますが、ご教示頂ければと思ってます。ある装置の出力電圧をPICで読み取りレジスタ値を可変させて目標の電圧値に調整するのですが、それなりプログラムを組んで動作させると収束時間が一定しない。収束範囲もたまにずれることもあり、それを解消したいと思っており、何かアドバイスなどありましたらお願い致します。
> 目標値にむけての収束プログラムについて参考サイトなどありましたら、教えてください。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 目標値の収束プログラム
346
: 15/09/27-09:57
sharp

言葉足りずで申し訳ありません。
PICを用いて可変電圧出力デバイスの電圧を任意設定電圧に調整したいと思っています。そのため、PICに出力電圧をADコンバーターを通して取り込み電圧値を確認して可変電圧出力デバイスの設定値を調整します。
電圧値は、若干バタつくので範囲を設け、ADコンバータは、20ms程度(積分回数によりますが)ごとに更新します。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 目標値の収束プログラム
347
: 15/09/27-14:37
エスパー
http://www.picfun.com/dsPIC33/dspic33frame.html
一般論では、フィードバック制御特性が優れているマイコン(dsPIC33系,RXマイコン)等で、高速サンプリンリングして、PID制御のようにゲインをかけて、出力電圧に対する応答特性を計算するといった方法が適当かと思います。ですが、負荷によって特性がちがいますので、制御が難しいと思います。

個人的には、A/Dコンバータのサンプリング時間が短いマイコン(dsPIC33)+CR積分時間と回数等を減らして、フィードバックの応答性をあげれば(ムダ時間減らす)、ある程度は解決するのではないかと思います。

> 言葉足りずで申し訳ありません。
> PICを用いて可変電圧出力デバイスの電圧を任意設定電圧に調整したいと思っています。そのため、PICに出力電圧をADコンバーターを通して取り込み電圧値を確認して可変電圧出力デバイスの設定値を調整します。
> 電圧値は、若干バタつくので範囲を設け、ADコンバータは、20ms程度(積分回数によりますが)ごとに更新します。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 目標値の収束プログラム
369
: 15/10/15-03:50
名乗るほどではない

フィードバック制御をしなければ問題は生じません
あらかじめ測定して作っておいた設定値と出力電圧の関係のテーブルや関係式に基づいて制御すれば良いのです

どうしてもフィードバック制御をしたければ、遅れ時間を十分につけてやれば安定します
当然ですがきちんとPID制御等をした時と比較すれば、応答は非常に遅くなります
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: 目標値の収束プログラム
371
: 15/10/18-21:02
sharp

エスパーさん、名乗るほどではないさん
ありがとうございます。
AD値を数回とり平均化して、目標値からその値がどれ位ずれているかを算出して、1lsb当りの変化量×差分を設定値として、繰り返してみます。

ありがとうございます。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: 目標値の収束プログラム
373
: 15/10/22-00:55
名乗るほどでない

「AD値を数回とり平均化」する理由は、AD測定値があてにならない(ノイズや誤差・偏りが大きい)ということになると思いますが、ADの読みで判断するのではなく別の信頼のおける測定器を使って性能評価をしてみるとどうなるでしょうか?
(もしかしたら想定外の結果が出てくるかもしれません)
▲pagetop

- WebForum -