[戻る]
過去ログ [ 0001 ]
過去ログ:     ワード検索: 条件: 表示:

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
PIC24FJ64B004について
285
: 15/07/10-23:20
nabe

初めまして、ruuと申します。
今前任者から引き継いだ環境のPIC24FJ64GB002を使用してソフト設計をしております。今後PIC24FJ64GB004にして設計をする必要があるのですが、そのままの環境を使用して設計することは出来ますでしょうか。
もし、変更する必要があるとしたら、何が必要になるかご教示頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: PIC24FJ64B004について
286
: 15/07/10-23:50
RETFIE

MicrochipのHPを見る限りではデータシートも共通ですし、減ってる機能も無いので完全上位互換という認識でいいと思います。

基本的には、プロジェクトのプロパティで使用するPICに変更して、
後はインクルードするヘッダ名をp24fj64gb002.hからp24fj64gb004.hに変えるぐらいです。
(xc.hを使ってるなら自動で切り替わるので変更する必要はありません)



*対応データシートは同じ。
http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?product=PIC24FJ64GB002
http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?product=PIC24FJ64GB004


データシート11ページのTABLE 1-1: DEVICE FEATURES FOR THE PIC24FJ64GB004 FAMILY
が比較となっていますが、IOピンが増えてAD変換に使える足が増えてる感じですね。


回路の面で言えば、AD変換の規準電圧用の電源のピンAVdd/AVssが増えますが、特にこのAD変換の機能を目的としていないならVdd/Vssと同様に配線します。
パスコンの選定は、データシート19ページのFIGURE 2-1: RECOMMENDED MINIMUM CONNECTIONSを参考に。



> 初めまして、ruuと申します。
> 今前任者から引き継いだ環境のPIC24FJ64GB002を使用してソフト設計をしております。今後PIC24FJ64GB004にして設計をする必要があるのですが、そのままの環境を使用して設計することは出来ますでしょうか。
> もし、変更する必要があるとしたら、何が必要になるかご教示頂けないでしょうか。
> 宜しくお願い致します。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: PIC24FJ64B004について
287
: 15/07/11-11:25
nabe

ご回答ありがとうございます。
RETFIE様さんの言われるとおり基本的には機能は同じでIOピンだけが増えているようですね。
変更する所としては、プロパティをp24fj64gb004に変更することと、
あとp24fj64gb002.hのヘッダーファイルですが、プロジェクトファイルの中にないのですが、この場合は、インクルードする宣言名をPIC24FJ64B004.hにすれば良いのでしょうか。

すみませんが宜しくお願い致します。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: PIC24FJ64B004について
288
: 15/07/11-13:15
RETFIE

開発環境が分かりませんが、MPLAB XでXC16コンパイラを使っていることを前提として書いていきます。
違ったら脳内補完して読み進めてください。


プロジェクトのプロパティはDeviceをPIC24FJ64B004に変更します。

そしてヘッダファイルですが、
C言語ならp24fj64gb004.hをインクルードします。(XC16を使っているならxc.hをインクルードしても大丈夫です)
アセンブラソースならp24fj64gb004.incをインクルードします。

このPIC固有のヘッダファイルは、コンパイラに組み込まれている標準ライブラリに関するものなのでプロジェクトファイルの中に実ファイルがなくても使うことが出来ます。

*ちなみに実ファイルはこのあたりに在ります。
C: > Program Files (x86) > Microchip > 使用コンパイラ名 > support > PIC24F > h


このヘッダファイルはSFRのアドレスを規定の名前に定義する役割があります。



以下余談です。
今回はConfiguration Bitsの構成が全く同じだったので気にする必要はないですが、通常PICを変更する時はConfiguration Bitsの設定(記述)も構成に合わせて少し変える必要があります。次回以降の参考に。



> ご回答ありがとうございます。
> RETFIE様さんの言われるとおり基本的には機能は同じでIOピンだけが増えているようですね。
> 変更する所としては、プロパティをp24fj64gb004に変更することと、
> あとp24fj64gb002.hのヘッダーファイルですが、プロジェクトファイルの中にないのですが、この場合は、インクルードする宣言名をPIC24FJ64B004.hにすれば良いのでしょうか。
>
> すみませんが宜しくお願い致します。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: PIC24FJ64B004について
289
: 15/07/12-21:24
nabe

RETFIEさん

ありがとうございます。
すみません。私の開発環境は、MPLAB IDEv8.91でc30コンパイラでC言語になります。
PIC24FJ64B002からPIC24FJ64B004へ変更としては、プロジェクトのプロパティはDeviceをPIC24FJ64B004に変更することと、p24fj64gb004.hをインクルードすること。
ヘッダーファイルについては、一応実ファイルをの確認をして見ます。
あと、Configuration Bitsについても今後デバイス同様な変更がある場合は、確認してみます。

また、宜しくお願い致します。
> 開発環境が分かりませんが、MPLAB XでXC16コンパイラを使っていることを前提として書いていきます。
> 違ったら脳内補完して読み進めてください。
>
>
> プロジェクトのプロパティはDeviceをPIC24FJ64B004に変更します。
>
> そしてヘッダファイルですが、
> C言語ならp24fj64gb004.hをインクルードします。(XC16を使っているならxc.hをインクルードしても大丈夫です)
> アセンブラソースならp24fj64gb004.incをインクルードします。
>
> このPIC固有のヘッダファイルは、コンパイラに組み込まれている標準ライブラリに関するものなのでプロジェクトファイルの中に実ファイルがなくても使うことが出来ます。
>
> *ちなみに実ファイルはこのあたりに在ります。
> C: > Program Files (x86) > Microchip > 使用コンパイラ名 > support > PIC24F > h
>
>
> このヘッダファイルはSFRのアドレスを規定の名前に定義する役割があります。
>
>
>
> 以下余談です。
> 今回はConfiguration Bitsの構成が全く同じだったので気にする必要はないですが、通常PICを変更する時はConfiguration Bitsの設定(記述)も構成に合わせて少し変える必要があります。次回以降の参考に。
>
>
>
> > ご回答ありがとうございます。
> > RETFIE様さんの言われるとおり基本的には機能は同じでIOピンだけが増えているようですね。
> > 変更する所としては、プロパティをp24fj64gb004に変更することと、
> > あとp24fj64gb002.hのヘッダーファイルですが、プロジェクトファイルの中にないのですが、この場合は、インクルードする宣言名をPIC24FJ64B004.hにすれば良いのでしょうか。
> >
> > すみませんが宜しくお願い致します。
▲pagetop

- WebForum -