[戻る]
過去ログ [ 0001 ]
過去ログ:     ワード検索: 条件: 表示:

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Cコンパイラについて
212
: 15/05/09-20:35
ハマ

お世話になります。
マイクロチップ純正のCコンパイラとCCS Cコンパイラの
メリット・デメリットを教えてください。
最初は、CCS Cコンパイラを使用していましたが、

@有料である
A32ビットは、対応していない 
B新規デバイスに未対応の場合がある
など・・・

の理由に現在マイクロチップ純正のCコンパイラを使用しています。

純正と比較して、CCS Cコンパイラのメリットがあれば教えてください。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: Cコンパイラについて
213
: 15/05/11-06:42
avo <kazuchiyo@hotmail.com>

こんにちは

CCS Cは、2000年頃のVersion 2.717位から使い続けています。(もっと昔かもしれません)
昔、他のコンパイラーを少し使ったぐらいなので、純正との比較ではありませんが使い続けている理由です。
@今更他のコンパイラーを使う事ができない。・・・爺なので新しい物が苦手です。
AIDE版を使っていますが、Wizard機能が便利です。
BCCS社のサポートがしっかりしている。

@が使い続けている理由のほとんどです。
BはCCS社に数回問い合わせしたことがありますが、必ず返事をもらっています。
 Microchip Japanへも数回問い合わせ(日本語で)したことがありますが、
 1回も回答いただけませんでした。
 ・・・メールアドレスが、hotmailだったのがいけなかったのかもしれません。

デメリットについて
@有料である。・・・同感です。ハマ様のご意見、全くその通りだと思っています。
 特に近頃の円安で高騰しているため、Version5にするのをちゅうちょしています。

A32bit版は私的には不要で、使ってもPIC18系までなのでデメリットとにはなりませんでした。
B最新デバイスの対応はサードパーティーなので、ある程度仕方がないと思っています。
 でも意外と早く対応することが有り、
 Version5では使いたいと思っているPIC16F1705も結構早くから対応していました。

現在Version4を使い続けていますが、価格が高すぎてバージョンアップできません。
仕事で使うならなんとかなるのでしょうが、趣味程度ではとても買えないと思っています。
CCS社のCCS Storeで『Hobbyist Conner』タブに載っている『C Workshop Compiler for PIC』は
USD99.00と安価ですが、対応CPUが少なすぎて使いたいCPUがないのが現状です。
Supported Devices:
8-bit:
 PIC10F222, PIC12F1822, PIC16F84A,
 PIC16F818, PIC16F877A, PIC18F13K50,
 PIC16F1459, PIC18F24J11, PIC18F4520
16-bit:
 PIC24F16KM102, PIC24FJ128GA006,
 dsPIC30F3010, dsPIC33EP128MC202

それでも近いうちにバージョンアップして、CCS Cを使い続けるつもりです。
▲pagetop
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: Cコンパイラについて
215
: 15/05/11-16:12
ハマ

avo様

ご返答ありがとうごさいました。
やはり電子工作レベルだと、できるだけ出費を抑えたいのが
ありますが、サポートがしっかりしているのはありがたいと
思いました。
▲pagetop

- WebForum -