用意するもの


1.回路図、パターン図の作成用  (2002/5/16)

回路図は手書きでも一向に構いませんが、パターン図は耐酸性ペンや
レタリングを使って手書で直接描く方法もありますが、やはり仕上げ
がいまいちです。
やはり文明の利器、パソコンのEDAツールを使っています。

(1)パソコン:自作DOS/Vパソコン
  CPU:Cyrix 6X86 P166+GP (133MHz)
  メモリ:64MB
  ビデオ:Matrox Millennium 4MB
  その他:モデム、スキャナ、プリンタ(BJ-220JS)

(2)EDAツール  :WinDraft と WinBoard
  回路図作成とパターン図作成ができる。
  ライブラリも揃っているし、自分で部品追加も自由に出来る。
  価格は最大ピン数で段階的で、アマチュアベースであればかなり
  安価で入手可能。国内販売店がある。

   入手先:
    IVEX社(オリジナル開発元)  http://www.ivex.com/
    データダイナミクス社      http://www.datamagic.co.jp/

(3)その他
  薄手トレーシングペーパー(A4サイズ 50g/u)


2.基板作成用

(1)入れ物
  バット大 1個 : 湯煎用の湯を入れる
  バット小 2個 : 現像液とエッチング液用別々に用意
  広口ビン 1個 : エッチング液保存用(ポリ容器)

 バット(左)と
 広口ビン(右)

(2)薬品
  現像液  :現像剤(DP-10またはDP-50サンハヤト製)をぬるま湯に
         溶かして作る。DP-10で1回ごとの使い捨ての方が便利
  エッチング液:サンハヤト製エッチング液が便利
         何回か使えるので使った後広口ビンに保存しておく
  アルコール:燃料用で薬局で買える。基板に残った感光剤の除去用
          また基板そのもののや手のクリーニングに使う。
  フラックス:完成基板の酸化防止用
         これを塗布しておかないと直ぐ酸化し汚くなる。
  
  現像液       エッチング液   アルコール  フラックス




(3)道具
  クランプ :感光するときに基板とパターン図を挟んで固定する
         サンハヤト製PK-CLAMPが便利
         仕上げの善し悪しは結構このクランプに影響される。
  感光光源 :ケミカルランプ(蛍光燈より早く確実に仕上がる)
          蛍光燈スタンドを利用するか自作(写真は自作品)  
  ドリル  :プラモデルで発売されているドリルキットが安価で
         スタンドも付いているので便利。
         特に超硬ドリル刃にはぴったりのアダプタが付いています。
         小さな穴あけから3mm程度の穴あけにはスタンド付き
         で正確に出来ます。
          
          マルイ クラフトマンシリーズNo.2
             「卓上電動ボール盤






         最近このドリルは販売されている所が少ないようです。
         代わりに、秋葉原のラジオデパートで入手可能なものが
         サンハヤト製ミニドリルD3専用スタンドST−3
         です。

         またドリル刃は超硬ドリルが使いやすい。
           (秋葉原の秋月電子通商で入手)

         バリ取り用の6mm程度の太めのドリル刃

  その他  :基板切断用カッター(市販カッターナイフで十分)

クランプ        感光用紫外線光源        電動ミニドリル




  次ページへ    目次ページへ