「C言語によるPICプログラミング大全」正誤表

 技術評論社    ISBN978-4-7741-9649-7
  
  誤りがありましたら是非メールでお知らせ下さい。 

ページ 章・節 行数    正 誤 内 容 更新月日
     
 P15 図1-3-1 左端 誤   13     正 13
     15        14
     16        15
2020年1月14日
 P43 下から8行目 誤   プルアップ抵抗については第3部3-3-1項参照
正   プルアップ抵抗については第3部3-1-2項参照
2020年1月20日 
 P53  表3-2-2 誤   R4、R5、R9  数量 3
正   R4、R5     数量 2
2018年7月3日 
 P435  最下段 【注意】
その他液晶表示器関連
 MCCの最新バージョン Ver3.55.1ではこの注意書きのソースの修正は不要となっています。そのままで正常に動作します。 2018年5月29日 
 P37  上から7行目 誤  2.8度
正  2.4度 
 2019年10月2日
 P37 上から12行目 誤  0.28度
正  0.24度
2019年10月2日 
 P226 表4-2-1  pow()欄 使用例の欄
誤   area = (size, 3.0);
正   area = pow(size, 3.0);   
2020年1月14日 
 P239 表5-4-1 見出し欄 誤   while文の書式
正   for文の書式 
2020年1月14日 
 P243 表5-5-1 見出し欄 誤   while文の書式
正   switch文の書式
2020年1月14日 
 P295  図8-2-1 誤   Idata
正   ldata    (小文字のLで始まる)
2018年6月21日 
 P308 【書式】 誤   void interrupt
正   void __interrupt()   ベクタ割込み対応のため変更になった
  (修正位置はコンパイルした結果のerror文で探せます)
2020年2月22日 
 P319   追記  標準入出力関数を使うためにはputch()、getch()関数の上書きが必要ですが、gets()、cgets()関数を使うためにはさらにgetche()関数の上書きが必要です。下記のように関数を上書きします。
  unsigned char getche(void){
    unsigned char c;
    putch(c = getch()); // エコー出力
    return c; // 入力データを返す
  }
 2018年7月8日
 P414 上から13行目 誤  TRMTビットが0になって
正  TRMTビットが1になって 
2020年4月14日 
 P435 割り込み関連エラー対策 誤   void interrupt
正   void __interrupt()   ベクタ割込み対応のため変更になった 
   (修正位置はコンパイルした結果のerror文で探せます) 
2020年2月22日 
     
 P493  リスト6-4-1
     (b)メインループ
誤   NCO1INCL = Temp;
     NCO1INCH = Temp >> 8;
     NCO1INCU = Temp >> 16;

正   NCO1INCU = Temp >> 16; 
     NCO1INCH = Temp >> 8;
     NCO1INCL = Temp;
 2018年7月3日
 P541  下から2行目 誤   図8-1-6のフローを
正   図8-1-4のフローを 
2020年1月20日 
P576 写真8-4-1 写真は右が正しいものです。 2018年4月
ZCDのテスト ZCDでAC100Vを端子台に接続する場合、感電する恐れ
ありますので下記のように注意して作業してく下さい。

ZCDで端子台にAC100Vを接続する場合の方法は次のように
すると安全にできます。
  ・ACプラグ付きのACケーブルを用意する
 ・ケーブルのプラグが付いていない側の線の端末の被覆を
   いずれか片方だけ1cmほど除き、線材部をはんだ処理する
  残りの片側はテープなどで絶縁しておきショートしないようにする
 ・はんだ処理した線を端子台の信号側(GNDではない)
  挿入口に挿入しねじを締めて固定する
  ・基板を動作させてから、ACプラグをACコンセントに挿入する
  向きはどちらでもよい。
2018年4月24日
P576  リスト8-4-2 93行目 誤  Ondo = Ondo / 60.0;
正  Ondo = Ondo / 68.2;
2018年4月26日